ヘリンボーンは作業服向き

男性用のスーツやシャツ、帽子などのほか、ワンピースなどにも使用されているヘリンボーン生地は、オシャレで高級感があります。そのような生地を使った作業服も人気です。ヘリンボーンを使用した作業服は、品がありおしゃれです。デザインによっては、作業服に見えないくらい、かっこいいのが魅力です。

作業服人気なのはブラックのヘリンボーン生地を使用したシャツやズボンです。スタイリッシュで、かっこいい印象が魅力的です。ユニセックスなので女性にも似合うデザインなのが、また人気を呼んでいる理由でしょう。細身のシルエットは、体を引き締めて見せてくれるというメリットもあります。光沢感があり、品のよさを醸し出してくれるのも、ヘリンボーン生地の魅力です。若い年齢の人でも、喜んで選ぶほど、おしゃれです。

ヘリンボーン生地は軍服としても使用されています。頑丈で、動きやすいので、普段の服装だけではなく作業服としても重宝されているのです。ヘリンボーン生地は、シワになりにくいです。やわらかい素材なので、動きやすいというメリットもあり、作業服に向いている生地とも言えます。耐久性に優れ、実用性も高いため、作業服として人気があるのも当然と言えるでしょう。

推奨ホームページhttps://www.l-m.co.jp/work/work-cool/
ヘリボーン素材の作業を販売している「ユニフォームタウン」のサイトです。

ヘリンボーン生地の特徴

ヘリンボーン生地へリンボーン生地とは山の形をしたデザインが特徴で、ニシンの骨のように見えるのでそう名付けられたそうです。連続した山の形はスギの枝のように見えるヘリンボーン生地は、日本では杉綾織りと言われています。スーツやコートの生地によく用いられています。

ヘリンボーンの生地はシンプルなデザインで、高級感があります。渋く決めたいときなどにおすすめで、スーツなどは大人っぽい雰囲気です。紳士的な印象があり。落ち着いた雰囲気は洗練されたかっこよさがあります。

V型の斜めのラインは、角度や光の反射で複雑な光沢を出すのも、ヘリンボーン生地の特徴です。ジャケットや帽子などにも用いられるほか、シャツにも使用されています。ヘリンボーンの模様で斜めラインの間隔を不規則に変化させたものを、ブロークンヘリンボーンと言います。こちらもおしゃれな雰囲気です。

ヘリンボーン生地はスーツやシャツなどのファッションのほか、リネン類においても使用されています。シックな色合いのほか、ブルーやグリーン、レッドなどさまざまなカラーがあり、非常に美しいです。生地を使ってワンピースやスカートなどを作ると、華やかな雰囲気で、素敵です。上品な印象を与えてくれるのも、ヘリンボーン生地の魅力です。

ヘリンボーン生地でかっこいい作業服

作業服男性用のスーツやシャツなどで、山形の斜めのラインが特徴的な生地を見たことがある人も多いでしょう。山の形が連続したデザインが特徴の生地は、ヘリンボーンと呼ばれています。ヘリンボーンとは、「ニシンの骨」という意味があります。その模様がニシンの骨に似ていることから、そういった名前が付けられています。日本ではまた違った名前があります。スギの葉のような模様に見えることから、杉綾織りと呼ばれています。

おしゃれを使用と思ったら、服のデザインだけではなく、素材や生地にこだわる人も多いでしょう。服は生地によって、耐久性や通気性、吸汗性などが異なります。デザインがおしゃれでかっこいいものでも、着心地が悪いと着ていて不快なものです。特に作業服などは、動きやすく、頑丈な生地のものが好まれます。

職種や職場にもよりますが、作業服はちょっと動いただけで破れてしまったり、腕や足を動かしにくかったりすると、作業に支障が出てしまいます。作業服は素材や生地にもこだわっていることも多いものです。さらに現在では、素材や動きやすさだけではなく、デザイン性や見た目にこだわっている作業服が人気を集めています。

それに適した生地はヘリンボーンです。ヘリンボーン生地は、高級感がありかっこいい生地です。さらに耐久性にも優れているため、作業服にも合うのです。そんな魅力的はヘリンボーン生地やその生地を使用した作業服のメリットについて紹介しましょう。