ヘリンボーン生地でかっこいい作業服

作業服男性用のスーツやシャツなどで、山形の斜めのラインが特徴的な生地を見たことがある人も多いでしょう。山の形が連続したデザインが特徴の生地は、ヘリンボーンと呼ばれています。ヘリンボーンとは、「ニシンの骨」という意味があります。その模様がニシンの骨に似ていることから、そういった名前が付けられています。日本ではまた違った名前があります。スギの葉のような模様に見えることから、杉綾織りと呼ばれています。

おしゃれを使用と思ったら、服のデザインだけではなく、素材や生地にこだわる人も多いでしょう。服は生地によって、耐久性や通気性、吸汗性などが異なります。デザインがおしゃれでかっこいいものでも、着心地が悪いと着ていて不快なものです。特に作業服などは、動きやすく、頑丈な生地のものが好まれます。

職種や職場にもよりますが、作業服はちょっと動いただけで破れてしまったり、腕や足を動かしにくかったりすると、作業に支障が出てしまいます。作業服は素材や生地にもこだわっていることも多いものです。さらに現在では、素材や動きやすさだけではなく、デザイン性や見た目にこだわっている作業服が人気を集めています。

それに適した生地はヘリンボーンです。ヘリンボーン生地は、高級感がありかっこいい生地です。さらに耐久性にも優れているため、作業服にも合うのです。そんな魅力的はヘリンボーン生地やその生地を使用した作業服のメリットについて紹介しましょう。