ヘリンボーン生地の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ヘリンボーン生地へリンボーン生地とは山の形をしたデザインが特徴で、ニシンの骨のように見えるのでそう名付けられたそうです。連続した山の形はスギの枝のように見えるヘリンボーン生地は、日本では杉綾織りと言われています。スーツやコートの生地によく用いられています。

ヘリンボーンの生地はシンプルなデザインで、高級感があります。渋く決めたいときなどにおすすめで、スーツなどは大人っぽい雰囲気です。紳士的な印象があり。落ち着いた雰囲気は洗練されたかっこよさがあります。

V型の斜めのラインは、角度や光の反射で複雑な光沢を出すのも、ヘリンボーン生地の特徴です。ジャケットや帽子などにも用いられるほか、シャツにも使用されています。ヘリンボーンの模様で斜めラインの間隔を不規則に変化させたものを、ブロークンヘリンボーンと言います。こちらもおしゃれな雰囲気です。

ヘリンボーン生地はスーツやシャツなどのファッションのほか、リネン類においても使用されています。シックな色合いのほか、ブルーやグリーン、レッドなどさまざまなカラーがあり、非常に美しいです。生地を使ってワンピースやスカートなどを作ると、華やかな雰囲気で、素敵です。上品な印象を与えてくれるのも、ヘリンボーン生地の魅力です。